セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

連絡先 : mariko@gamachan.com 個人事業主・経営者・管理職にコンサル、セミナーしてます。小さなビジネスの法律系。社労士。メッセージソングの音楽ライブも。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

神を信じていなければとてもじゃないが生きてこれなかった、生きていけないな、と思っている。

 

ずっと前から、いつもそう思っている。

 

私にとっては、神を信じずに生きてい(け)る人って、すげぇ、だ。

 

この「すげぇ」は、すばらしいとか、私もそうなりたい、の意味ではない。

 

前に友人が「ガマちゃんの『すっげー』は、感嘆符なんだよね、ビックリマーク!と一緒」と解明してくれた。

 

すっげーと思った。

(このすっげーは、すごいと思っている笑)

 

話を戻しましょう。

 

私にとって、神を信じずに生きてい(け)る人って、すっげー!だ。感嘆符(笑)

 

そうすると、ほとんどの人はすっげー、になりますな(笑)

 

前にね、旅の途中で、富士の樹海付近を通った。

 

舗装された道路がちゃんとある場所を車で走っているので、「迷ってしまうという樹海そのもの」に入ったとは言えないだろう。

 

でも、樹海は、すぐそこだ。

 

うっそうと繁る木々をすぐ横に見ながら、思ったのだ。

 

もし、ここにポツンとひとりで迷ってしまったとして。

 

そんな時はいったい誰に叫ぶのだろう、祈るのだろう、と。

 

電波は通じない、人は来ない。

 

持っている知識も役に立たない。

(サバイバルの知識なら役に立つかもしれないが)

 

そんな時、いったい「誰に」叫ぶのだろう、祈るのだろう。

 

樹海は、たとえだ。

 

人生の樹海に迷いこんでしまったとき。

 

いったい誰に叫ぶのかなぁと思うと、神を信じずに、神に叫ばずに生きてい(け)る人って、すげぇ、だ。

 

私は、神の救いを知らなければ、信じなければ、とてもじゃないが生きてこれなかった、これからも生きていけないな、と思う。

 

今日は特に、自分や周りの変化、行った場所の状況を見ながら、そう思ったな。