セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

連絡先 : mariko@gamachan.com 個人事業主・経営者・管理職にコンサル、セミナーしてます。小さなビジネスの法律系。社労士。メッセージソングの音楽ライブも。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

たったひとつの記事が、書き手への興味を失わせることもある。

 
ある人のブログを見つけて、とてもいい!と思った。
会ったことのない人だ。


更新される記事を必ず読み、過去記事も読んだ。


しかし先日。
更新された記事を読んで、あれ…?!と思った。
言い訳くさく感じたのだ。


自分の身に起きたある出来事についての説明というか。


マイナスな出来事を、良い方向へと解釈する。
これは誰だってやることだろう。
私もやる。


けど、その人のその記事は、いやいやそうじゃなくてさ…、そこが問題なんじゃなくてさ…、後から都合よく言い訳…と、感じてしまった。


「私が」感じただけだ。
その感じ方が絶対だなんて思わないし、正しいわけでもない。


でも、読み手にとって「記事から何かを感じる」って、けっこう大きいことなんじゃないかな。



そう考えるとね。


どんな文章であれ、記事を書いて世に出していくって、とても大きな行為なんだよな、と。


ひとつの文章が、誰かの心をつかみ、興味を引き寄せることもある。


また、逆もある、ってことだ。


 
ガマ 「がまがまさん!この記事、大丈夫?!?!」


…こわー(笑)