セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

個人事業主・経営者・管理職にコンサル、セミナーしてます。小さなビジネスの法律系。社労士。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます。お問い合わせはフェイスブック「高瀬 真理子」またはmariko@gamachan.com までお願いします。

繋がっていたいのはどんな人? そりゃ、懐が深い人。

 

ゆる~くゆる~く繋がっている方たちが、いらっしゃいます。

一時(いっとき)濃いめな関わりを持った。

その後薄くなった。

 

薄くなるんだけど、ゆる~くゆる~く繋がっている。

繋がっていたい!

と、私は強く思う。

 

この方たちに共通しているのって何だろう?

そう思ったときに、パッと頭に浮かんだのは「懐が深い」って言葉でした。

 

普段あんまり使わない言葉だなぁ

私が思うのと、意味合ってるだろうか。

 

懐が深い。

 

善悪とかの基準は明確なんですよね。

そういう意味では、なんでもかんでもオッケー、ではない。

「人として」みたいな、大きな話になってくるのかな。

 

あー懐が深いって、いいなぁ~

私も、懐が深い人間でありたいなぁ~

と、つくづく思うのです。

 

 

どうか、平和の神が、あなたがたすべてとともにいてくださいますように。アーメン。

新約聖書

ローマ人への手紙 15章33節