セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

女性部下の多い男性管理職向けに、良好コミュニケーション構築セミナーをする社労士です。ガマちゃんと呼んでください。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます。お問い合わせはフェイスブック「高瀬 真理子」またはmariko@gamachan.com までお願いします。

「私は褒められたいタイプです」「特になくても大丈夫です」組織の中ではそれぞれ自己申告しようではないか。

 

褒められるとやる気でるとか、褒められると育つんですとか(←大人が言う)

それ、甘え~だとどうしても思ってしまってたね。

褒められなければやらないの!?

褒められなかったら、やろうとしてたこともやめるのかい?!

て。

 

しかし今読んでる本(経営系)には、

あまり褒められずに育ってきた人(部下)には

「こんなこと?」「大げさでは?」「褒めすぎでは?」

と思うくらい何かにつけて褒めるくらいでちょうどいい、と。

 

なるほど

「あまり褒められずに育ってきた人には」

なんだな。

私は褒められて育ってきたので、褒めへの飢えが実感としてはなかった。

 

このように、褒めひとつとっても違うので、組織の中ではもうむしろ、

「私は褒められたいタイプです」「私は特になくても大丈夫です」

てそれぞれ自己申告したほうが、お互いにやりやすいのかもしれない、と思ったよ。

 

ちなみに、私は「褒められる」のももちろんうれしいけれど、「客観的に見てもらう」のが、よりいっそううれしい。

 

だから人に対してもそうあろうとする。

褒められたいタイプの人は自己申告してくれると助かります(笑)

 

 

2019/12/16(月) 
クリスマス会にぜひお越しくださいがま!
https://blog.gamachan.com/entry/2019/09/06/012244

 

2019/12/8(日) たこたこ忘年会

 

2019/11/22(金) ごはん会
2020/2/7(金) セミナー
https://blog.gamachan.com/entry/2019/11/01/153033

 

「相談し放題3ヶ月継続モニターさま」
「単発のご相談」
お受けいたします。よろしくがま!!https://blog.gamachan.com/entry/2019/08/21/235631

 

新しいメニューの話
https://blog.gamachan.com/entry/2019/09/09/002646

 

ガマのツイッター
https://twitter.com/BufoTel