セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

個人事業主・経営者・管理職にコンサル、セミナーしてます。小さなビジネスの法律系。社労士。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます。お問い合わせはフェイスブック「高瀬 真理子」またはmariko@gamachan.com までお願いします。

「どうしてもどうしてもどうしても伝えたいこと」ってありますか? 私はそれがないのが悩みだ(笑)

 

人に「どうしてもどうしてもどうしても伝えたいこと」ってありますか?

私は、それがないのが悩みだ(笑)

 

 

はぁぁー、やっと、ちゃんと、言えた。

SNSへの投稿文。

ずーっと内心思ってたけど、はっきりとは言えませんでした。

言ったら(出したら)楽になりました。

 

言えなかった理由はふたつ。

 

1. 売れなくなると思ったから

2. なめてもいいんだと勘違いされると嫌だったから

 

1. 売れなくなると思ったから

 

お客さんからの需要と、提供側の伝えたいこと。

ここが一致したときに、スムーズな売買へとつながる、と思ってます。

その点で、「どうしてもどうしても伝えたい」がある人は強いです。

もちろん、それだけじゃ空回りかも…ですが、お客さんからの需要と一致した時にはすごい力になると思う。

 

ってことは。

「どうしてもどうしても伝えたい」がないのは、最初からハンデある、てことです。

だから、言えなかったね。

 

正確には、伝えたいことがまったくないわけじゃありません。

あります。

ていうか、究極はそこにつきると思ってる。

それなしでは真の解決はないと、私は思ってるので。

 

しかし、そのまま言うと信仰の押しつけをしているみたいになりかねない(そんなつもりはないですが)

なので、聞かれた時や必要ある時以外は、出さないんですね。

(ブログでは書いたりしてます)

 

 

2. なめてもいいんだと勘違いされると嫌だったから

 

相手を見て、なめる、敬意をもたない。

こういう人は、もともと私の周りにいないですけど。

 

それでも、「どうしても伝えたい」があるほうが、なめられにくい、軽んじられにくい。

…と、私は感じてしまう。

(私が感じる、であって、実際どうなのかはわからないです)

 

なめられたくは、ないよ(笑)

ま、もしそんな人いたら、速やかにさよならしますけどね。

 

以上、

1. 売れなくなると思ったから

2. なめてもいいんだと勘違いされると嫌だったから

 

の理由から、なかなか言えませんでした。

「人に、どうしてもどうしてもどうしても伝えたい、が、ない」

 

たったこれだけのことをー!


f:id:takasemariko:20190923155638j:image

楽になったところからスタートします。

 

 

2019/12/16(月) 
クリスマス会にぜひお越しくださいがま!
https://blog.gamachan.com/entry/2019/09/06/012244

 

「相談し放題3ヶ月継続モニターさま」
「単発のご相談」
お受けいたします。よろしくがま!!https://blog.gamachan.com/entry/2019/08/21/235631

 

新しいメニューの話
https://blog.gamachan.com/entry/2019/09/09/002646

 

ガマのツイッター
https://twitter.com/BufoTel