セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

女性部下の多い男性管理職向けに、良好コミュニケーション構築セミナーをする社労士です。ガマちゃんと呼んでください。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます。お問い合わせはフェイスブック「高瀬 真理子」またはmariko@gamachan.com までお願いします。

フェイスブック投稿。やはり、うまい下手はありますね。あ、自分を棚にあげて言ってますのでね(笑)

 

いちばんうまいと思ったのは、私の知らない人でした。夫がつながっているので、夫のスマホから見せてもらいました。

 

その人の投稿のバランスがすばらしい。

仕事、プライベート、交流、、、

タイムラインそれ自体が、芸術みたい。

 

おそらく、フェイスブックだけでもOKな人なんだと思います。その人の仕事は、写真で表現しやすい分野。写真に文章をつければもうOKなのではないかと。

ブログは必要ない。そういう人は実際多いと思います。

 

だけど、その人は、ブログもほぼ毎日更新していました。記事内容に合わせて、シェアしたりしなかったりを使い分けているようでした。

 

すごいな、、、

なにからなにまで美しい…

 

ちょっと話変わります。

時々、ネット発信を見て、もや~、とする時があります。

ネット発信には、SNSだけでなく、ブログ、メルマガなど、すべて含みます。

 

ん? これは?

ネタ元に、了解とっているのかな?

と、思う時がある。

 

「こんな人がいましてね~」

「こんなことがありましてね~」

 

の、「こんな」は、その発信を見た時に、嫌な気持ちにならないのだろうか? と、もや~、とするのです。

 

あ。こう言ってる私自身が、今までに、絶対に、誰のことも、嫌な気持ちにはさせていない、とは思っていないです。すみません。

気づかぬうちに、いろいろやらかしているのでしょう。

 

ただ、こういう私だから、気づくのかもしれない、とも思います。

 

「こんな人がいましてね~」

「こんなことがありましてね~」

 

…「こんな」は、嫌な気持ちにならないのだろうか?

 

先述の、フェイスブック投稿がすばらしいと思った人の投稿には、そういう部分がありませんでした。

 

本心で書いているように思える、と同時に、いっさいそういう部分がない、少なくとも私の目には。

だから、すばらしいなぁ…と思いました。

 

さて。私が同じような投稿ができるかどうかといったら、わからない。

 

わからないけれど、美しいものは美しい。

美しい投稿は美しいのだと感じます。

コツコツと続けていく自分でありたいと思いました。

 


f:id:takasemariko:20191122024132j:image

コツコツと、続けていこう。法律事務所のセミナー&懇親会の帰り道。楽しかった! テンション上がってひとりでパシャ🎥

 

 

2020/1/30(木)10時~

東京都上野にて、個人事業主の方向けセミナー開催。

「女性の多い業界、女性クライアントさんの多い業界でのお付き合いに関するセミナー」

 

2019/11/22(金) ごはん会
2020/2/7(金) 会社勤めの方向けセミナー
https://blog.gamachan.com/entry/2019/11/01/153033

 

2019/12/16(月) 
クリスマス会にぜひお越しください!
https://blog.gamachan.com/entry/2019/09/06/012244

 

2019/12/8(日) たこたこ忘年会

 

「相談し放題3ヶ月継続モニターさま」
「単発のご相談」
お受けいたします。
https://blog.gamachan.com/entry/2019/08/21/235631

 

新しいメニューの話
https://blog.gamachan.com/entry/2019/09/09/002646

 

ガマのツイッター
https://twitter.com/BufoTel