読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガマ系コンサルタント・カウンセラー・社会保険労務士 高瀬真理子のブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

これらの事実に思い当たった時に、私の中でAさんは急に「輪郭のハッキリしたステキな人」として認識されたのだった。


20代の頃の会社での話。

選挙の時に男性たちが
駅前ビラ配りに駆り出されていた。
当時の与党J党のだ。

会社が、公共工事を多く
受注していたのだ。

会社員にとっては断ることのできない
仕事の一環のようなものだった。

だが、ただひとり、
毎回断るAさんがいた。

「オレ、K党支持だから」

が、Aさんの言う理由だった。

他の男性すべてが当たり前のように
ビラ配りに行く中、
Aさんだけは決して行かなかった。

それが社内的に問題になることもなく、
許されていた。

Aさんは、いわゆる「できる人」だった。
仕事ができ、上からの信頼が厚く、
部下の面倒見もよく、慕われていた。
取引先からも、そうだった。

そういう人だからこそ、
ただひとりビラ配りをしない選択が
黙認されていたのだと思う。


なぜ私が急に
Aさんのことを書き始めたのかというと。

当時、私が
「こういう人はステキだ」と
思ったからだ。
あくまで私にとっての「ステキ」だが。

それを思い出し、書きたくなった。

他の誰もが
「会社命令である」
「だから断れない」
おそらくその理由だけで
J党のために動く中、

Aさんは
「自分はJ党を支持しない」
「だから動かない」
と意思をハッキリさせて
動かないという選択をする。

それができるというステキが、
まずひとつ。

そしてさらに、
このステキを実践できるだけのものを
日々積み重ねてきていたという事実が
すごい。

だって、
仕事できませーん、信頼されてませーん、
ってな人が
同様のことを言い出したとして、

ここは会社。
いったい周りの誰が
受け入れてくれるというのだろう?

オマエなに言ってんの!?

ビラ配りくらい、やれよ!?

くらい思われ、言われ、
冷たい目で見られることだろう。

Aさんは、周りの人たちに
そうさせないだけのものを
積み重ねてきていた、ということだ。


これらの事実に思い当たった時に、
私の中でAさんは急に
「輪郭のハッキリしたステキな人」
として認識されたのだった。




当時、Aさんも私も独身だった。

だが、これ以上
「聞いて聞いて」と発信したいような
ステキ話は、ない。
残念ながら(笑)

前記事でテーマにした
「キライをハッキリさせる」

blog.gamachan.com

 通じるものがありそうだな~


てことで、書きたくなったんだよね!



名古屋で楽しいイベント、
かさこ塾フェスタがあるのヨ
11/26(土) 10~18時

輪郭のハッキリしたステキな人たち
に会えるヨ~

kasakoblog.exblog.jp




(ガマってこんな人、って紹介してる
セルフマガジン郵送します!)

セルフマガジンの歴史を変えた!
と驚かれた大人気「がまがま遊園地」
無料で郵送します!

郵便番号、住所、氏名、希望部数、
メールまたはFBメッセージくださいね!
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774



(お知らせなど)

ガマトーーク! 毎週(金)開催
11月18日(金)23時~23時30分。

フェイスブックのコメント欄を使った
ユルいチャット会。
高瀬真理子のタイムライン
毎週(金)に今までの分がありますので
ご覧下さい。


フェイスブック
友達申請お気軽にお願いします!
お会いしたことない方もどうぞお気軽に!
メッセージの有無にこだわりありません。
あってもなくてもどっちでもいいのです。
https://www.facebook.com/100009953641774


ホームページ作成中
http://www.gamachan.com/


お問い合わせやご連絡
下記メールまたは
フェイスブックメッセンジャーへ
お願いします。
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)