社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

ブログは、社会的立ち位置をあらわすかもよ

f:id:takasemariko:20150630224823j:plain

~お菓子の家、食べちゃった~

 

自分のブログの存在を、何人かの身近な人に知らせている。

1度知らせた後は、私からは特に話題にしない。

見るも見ないも、相手の自由だ。

 

見ていない人と話をしていて、内心、

「ブログに載せてるんだけどな」「見てくれてれば、話通じるのが早いんだけどな」と思うことがある。

 

思うだけだ。

思うのは、いいのだ。

見る見ないが相手の自由なら、思うのは、私の自由だ。

 

 

あるブログを見るか見ないかって、単純に「そのブログに魅力があるかないか」という理由だけではない気がする。

 

 

例えば、まず逆らえない上司や取引先担当者がブログをやっていて、その人が「見て見て星人」だったらどうだろう?

 

見ますよね?

 

 

例えば、「この人のブログのことを話題にすれば、なーんか自分にメリットありそうだ」と、ちょっと打算的な思いが働く場合。

 

見ますよね?

 

 

これらは、社会で生きている以上、ごく当たり前のことだと思う。

私は、今はたまたま組織に属しておらず、しがらみもないから、これらをやらないで済んでいるだけだ。

 

 

現時点で、私のブログは、私の社会的立ち位置、ほぼそのままをあらわしていると思う。

 

「まりこさんのブログを見ておかないと、取引に差し支えるから」

「まりこさんのブログを見ておかないと、生活に不利益が生じるから」

 

などという理由で、見に来る人は、たぶんいない。

いませんね?(笑)

 

 

今後、私の社会的立ち位置が変化していったときに(変化してくれーー)

ブログに対する「評価」これがどう変化していくのか、とても興味がある。

 

褒めてもらうのは、もちろん嬉しい。

 

でも、「損得」や「利益」が取り巻くようになったときにこそ、自分の耳に痛い言葉をしっかりと聞く。

 

それをブログのネタにする(ネタかよ)

 

そうありたいな、と思うこの頃だ。