社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

あなたは人に何か自分の好きなものを薦める時に「ワタシこれが好きだから」だの「オレすげー感動したから」だのシロウト丸出しの言い方してないだろうな?


いやいや別に、いいんですよ。
あなたのことを好きな人は、
それで受け入れてくれるでしょう。

「じゃあ買ってみる」なり
「じゃあ行ってみる」なりの
好意的な反応が返ってくるかもしれません。

でもね。
あなたのことなんて
どうでもいい人達にとっては、
あなたが何を好きかとか、
あなたが何に感動したかなんて、
どうでもいいことなんですよ。

「は? それがどした?」
「勝手に感動してれば」の世界。

そういう人達の心を動かして
何かを買ってもらうとか
行ってもらうとかしたければ、
買うこと行くことによって
その人達にはどういうメリットがあるのか
伝えなければならない、ってこと。


この厳然たる事実を
わかってしまっている私。

プレゼンの1分半原稿が
なかなか書けないでいる。

「くらげの歌は、こうだから」
「あなたには、
こういうメリットありますよ」
という目線で喋らなくては。

ああ原稿書けないゼ?


プレゼンには、予選があった。

予選で私が作った動画は、
「私に好意的な人達に対して」
「感情に訴え」
「こんなに私はくらげ好き」
「すごくいいと思ってる」
「だからあなたに薦めたい」
みたいな成り立ちだ。

狙ったわけではなく、
あの時点ではあれが精一杯だった。

もう、振り切ってしまえばいいのに、ガマ。

「もう、ガマはこうなんだから
いいジャン、ね!」
「ガマはこれしかできないんだから、
いいでショ、ねぇ」

って甘えた声出して、

「ガマはこれが好きだヨ」
「ガマは歌って涙が出るヨ」
「自問自答するあなたの心に響くハズだヨ」
「だってそういう歌なんだもん」
「だから聴いてよ、ねぇ」

の成り立ちで今回も原稿作って
ポイッと送りつけちゃえばいいのにさ。
パワポ作っちゃえばいいのにさ。

ああ原稿できないゼ?


あーあーあーあーあー

くらげよーーーーー
がまー




(ガマってこんな人、って紹介してる
セルフマガジン郵送します!)

セルフマガジンの歴史を変えた!
と驚かれた大人気「がまがま遊園地」
無料で郵送します!

郵便番号、住所、氏名、希望部数、
メールまたはFBメッセージくださいね!
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774



(お知らせなど)

ガマトーーク! 毎週(金)開催
10月28日(金)23時~23時30分。

フェイスブックのコメント欄を使った
ユルいチャット会。
高瀬真理子のタイムライン
毎週(金)に今までの分がありますので
ご覧下さい。


フェイスブック
友達申請お気軽にお願いします!
お会いしたことない方もどうぞお気軽に!
メッセージの有無にこだわりありません。
あってもなくてもどっちでもいいのです。
https://www.facebook.com/100009953641774


ホームページ作成中
http://www.gamachan.com/


お問い合わせやご連絡
下記メールまたは
フェイスブックメッセンジャーへ
お願いします。
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)