「神なんか知らなくても十分幸せに生きているピダハン」の話に惹かれるおもしろさとは?

 

ピダハン、という本を借りてきた。

前に読んだことがあり、また読みたくなった。

 

著者は、言語学者で宣教師だ。

ピダハンという人たちが住む地域に宣教に行く。

 

ピダハンには、過去や未来の概念がない。

「今、ここ」のみに生きている。

過去がないので(それだけの理由ではないけれど)神という概念もない。

 

「ないもの」を、ないままに生きている人たちに説明するのは難しい。

宣教もなかなかできない。

 

それどころか、著者は気づいてしまう。

「この人たちは、神なんか知らなくても十分幸せに生きてるじゃないか!」

そして著者は、自らも信仰を捨てる、という話だ。

(記憶だけで書いたので、かなりおおざっぱな説明です。)

 

私は、過去や未来の概念がある世界に生きているし、神を信じてもいる。

ピダハンの世界はよくわからない。

 

わからないのに、なぜか惹かれる。

「十分幸せに生きている」という点だと思う。

 

そもそもなぜ、キリスト教の世界では、他の国や地域に宣教に行くのか。

「全世界に行って、述べ伝えなさい」との聖書の言葉が根拠だとは思うけど、考えてみたら不思議な話だ。

 

もし、神を信じていて幸せではなく、それでも「神を信じたほうがいいですよ」や「神を信じましょう」と伝えるとする。

伝えた相手が、自分の人生を十分幸せに生きていたら?

幸せではない人の発した言葉に、説得力はなさそうだ。

 

信仰をもち、人にも伝えるということは、「自分の言葉に説得力をもつように生きる」義務というか権利というか、生じるのだと思う。

 

厳しいことだし、なかなかできない時もある。

だからおもしろいともいえる。

 

同時に、「神(なんか)知らなくても十分幸せに生きているピダハンに惹かれる気持ち」もそのまま受け止め、おもしろがっている自分がいる。

そして、そういう私をそのままご存知の神様がいて、、、

という構造がまたおもしろい。

 

 

✴️フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009953641774
✴️ツイッター
https://twitter.com/BufoTel
✴️特定商取引法に基づく表記。https://gamachan.com/%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%95%86%e5%8f%96%e5%bc%95%e6%b3%95%e3%81%ab%e5%9f%ba%e3%81%a5%e3%81%8f%e8%a1%a8%e8%a8%98/