セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

個人事業主・経営者・管理職にコンサル、セミナーしてます。小さなビジネスの法律系。社労士。メッセージソングの音楽ライブも。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます。お問い合わせはフェイスブック「高瀬 真理子」またはmariko@gamachan.com までお願いします。

発信を読むときに大事なのは「書き手は自分に不利になるようには書かない」と知っておくこと。

 

たとえば

「こんなことをしている人がいる」

という発信があるとします。

 

「こんなことをしている人がいる」

それだけなら、ただ、そういうことを書いただけです。

 

でももし

「こんなことをしている人がいる」

に続けて

「自分はこんなことをしない、自分は(もっと優れた)これをしている」

と書いたらどうでしょう。

 

それって

「こんなことをしている人」

を比較対象として、自分に有利になるように書いてるだけじゃん!

と思われても仕方がないです。

 

ただシンプルに

「自分はこんな(優れた)ことをしているよ」

だけじゃいかんのかな?

と思うことはあります。

 

けど、比較対象があるほうが、読み手にとってわかりやすいんですよね。

 

書き手は、自分に不利になるようには書きません。

この事実を知っておくのは、とても大事です。

 

この記事だって、書き手である私は、自分の不利になるようには書いていないですよね。

 

「何かを下げて自分を上げる書き方は、イヤだな~」

と私は言っています。

 

結局のところ私も

「何かを下げて自分を上げる書き方」

を下げて、自分を上げて、書いているのです。

 

ガマ「じゃあいったいどうすれば!?」

 

読み手として、判断力を磨きましょう、かな。

Σ(・∀・)