セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

個人事業主・経営者・管理職にコンサル、セミナーしてます。小さなビジネスの法律系。社労士。メッセージソングの音楽ライブも。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます。お問い合わせはフェイスブック「高瀬 真理子」またはmariko@gamachan.com までお願いします。

(笑)。予防線や言い訳じみてる、と思ってしまう時は、きっとそういう時なのだ。

 

思いつくネタ思いつくネタ、

もはやどっちでもいいわ…

公のウェブで語ってどうするの…

と思ってしまうことばかりってこともある。

けっこう多い。

※ここ、後で出てきます

 

こんな時はいったん離れる。

 

…で、今気づいたこと。

文の最後に(笑)を入れがちだった。

しかし、この文には(笑)がない。

 

さっき「けっこう多い。」の後に(笑)をいったん入れたけど、取った。

 

(笑)って、何かへの予防線、って気がする。

言い訳、ともいう。

 

別に悪いものではない。

私は今後も(笑)を使うだろう。

 

ただ、予防線や言い訳じみてる、と思ってしまう時は、きっとそういう時なのだ。

 

ってことで。

 

…(笑)

 

…(笑)