セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

女性部下の多い男性管理職向けに、良好コミュニケーション構築セミナーをする社労士です。ガマちゃんと呼んでください。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます。お問い合わせはフェイスブック「高瀬 真理子」またはmariko@gamachan.com までお願いします。

「ブログ人間」と「フェイスブック人間」ってご存知ですか!? 書いて発信する人たちの2分類。


ブログ人間は、書くことそのものに喜びを見いだすんですね。
書くことが、とにかくうれしい。楽しい。
時間さえあればありとあらゆることを書いています。
どうでもよくないことからどうでもいいことまで。

書くことでエネルギーを消耗するどころか、書けば書くほど力みなぎります。
だって、書くってすばらしいじゃん!!!
という人達です。


フェイスブック人間は、もちろん書くのも好き。
けど、それ以上に、書いたものへの反応が好きです。
反応がたくさん返ってくればくるほど、喜びも力も増してきます。

だから、自分がこれを書きたい!よりも、反響が大きく人の話題になりそうなネタを選びます。
その読みが当たると、いぇーい!!!
という人達です。


どっちがいいとか悪いとか、優れてるとかじゃないんですね。

どちらにも長所があり、長所の裏側である短所めいたものもあるわけです。


では、文章化する時に現れがちな長所、短所を挙げてみましょう。


ブログ人間の長所

・書くという自己完結的な動作だけで喜びを感じるので、喜びのハードルが低い。
・どんなことでもネタにしてしまおうという意気込みがある。
・人の反応を気にしない、または気にしないようにしちゃえ、という図太さがある。

ブログ人間の短所

・書くことで自己完結し過ぎる。


フェイスブック人間の長所

・人が喜ぶことを見抜いて巧みに文章化できる。
・人と一緒に味わう楽しさを伝える力に優れている。
・臨機応変に発信の軌道修正ができる。

フェイスブック人間の短所

・人の反応がない、少ないと、書く気にならない。


書いて発信している人が、どちらかにはっきりと分類されるということでもないです。

混合型もいるでしょう。

でも、どちらかの要素が強い場合が多いんじゃないかな。


ぜひこの情報を、みなさまの発信活動に役立ててもらいたいな~と思っています。

ってことで。

ばいばーい。

(・∀・)



【A5サイズの冊子(セルフマガジン) 無料で送ります】
(1) 楽しい世界観「がまがま遊園地」
(2) かさこ曲歌詞記載の音楽マガジン「音楽・別冊版」
こちらのフォームからお願いします
https://gamachan.com/self-magazin-entry/
自動返信メールが届きます


【毎週(金)ガマトーーク!】
日時:毎週(金)23:00~23:30
会場:フェイスブックで高瀬真理子のタイムラインにお越しください
内容:フェイスブックのコメント欄を使うチャット会。
https://www.facebook.com/100009953641774


【連絡先】
ブログ、イベント等に関するお問い合わせは
メールまたはFBメッセージお願いします
mariko@gamachan.com
https://www.facebook.com/100009953641774


【ツイッター】
いろいろしゃべってます!
フォロー、お気軽に~
BufoTel


【フェイスブック】
お会いしたことない方も
申請、フォロー、お気軽に~
https://www.facebook.com/100009953641774