セミナー・コンサル・ギター弾き語りライブ 高瀬真理子(ガマちゃん)のブログ

連絡先 : mariko@gamachan.com 自由に楽な気持ちで人が集まれる場づくりが好き。個人事業主、中小企業経営者や管理職対象にセミナー、コンサル。社労士。予防法務。1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

「策があって成功してる人にジリジリこない」ってとこに、そもそもの問題点がありそうじゃね?

私がうらやましいと思うのは、こんなとき。

(1) 誰かが何かを表現し
(2) その表現が強く私の心をとらえ
(3) 多くの人の支持を受けている

(2)は必須で(3)は必須ではない。

(2)の時、特に(2)と(3)が重なっている時、
私の心にジリジリと焼け焦げるような何かが
発生する時がある。

たぶん、嫉妬だ。
私もそういう表現がしたい、という。

(1)が誰なのかは、あまり関係がない。

ただ、知り合いだったりして
ジリジリ頻度が多くなればなるほど、

良くも悪くも気になる存在、
うっとうしい存在(笑)になるような気がする。
性別は問わない。


ふと気づいた。

売上がどんだけ、とか
会社の規模をこれだけデカくした、とか
そういうノウハウをこんなに知ってる、とか
有名である、とかについて、

へぇ、

と思って、

で、それ以上の何か、が、あまり湧かない。

うらやましい感じ、や、
ジリジリくる感じ、などが、ない。


あー、だから、こうなのか。

起業してもうじき1年、
売上がないぜ? と思いつつ、

最初はねぇ、まぁ、ねぇ、
それにしても策が無さすぎじゃね?
と思いつつ、

なおも策が無い存在であり続けるのはさ、

そもそも私は
策があって成功してる人に
ジリジリこない、ってとこに、
問題点がありそうじゃね?


三島駅前
某所にて