セミナー講師ガマちゃん(高瀬真理子)の役立ち・考え方・音楽・法律・身近なグルメを発信ブログ

個人事業主・経営者・管理職にコンサル、セミナーしてます。小さなビジネスの法律系。社労士。1969年生まれ。東京都在住。夫婦2人とリクガメ1匹暮らし。プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます。お問い合わせはフェイスブック「高瀬 真理子」またはmariko@gamachan.com までお願いします。

苦手ゆえに、意外な出会いがあったりする。だから人生って面白いよね。

フェイスブック、使ってますか。
好きですか。
あ。今日はまりこですよ。
ガマには休暇をあげました。


「SNS 苦痛 理由」で、検索したことがある。
けっこういろいろ出てきて、
なーんだ、みんな、思ってんじゃん。
て、ちょっと安心したんだ。


そうだよ。
そんな検索するってことは、
私が苦痛に感じることがあるからだ。
ブログではない。
フェイスブックだ。


あの、有無を言わさずダラダラ流れてくるやり口が
まず馴染めない。
私はそれほど意志が強くないので、
つい読んでしまってあっという間に時が経ち…


しかも、人のキラキラ記事を見ると
自分の不甲斐なさが心の中で拡大されて
落ち込むじゃないか。


だから、ダラダラ流れる部分は
「元気な時」に「時間を決めて」
見るだけにした。


で、普段はどうしているかというと。
友達のページにひとりずつ行って見ることが多い。
しかも、私の投稿に「いいね」やコメント
してくれた人のとこ。


…ていう、心の狭いケチな見方をしているうちに
どんどん見に行く友達が少なくなった(笑)
ただでさえ、友達は少ない。


あー。そこのあなた。
もう、止めちゃえばいいじゃん。
て思ったでしょ。
私もそう思う。


でもね。
時々心に、好奇心のようなものが現れる。
そんな時は、ダラダラ流れるページに出没して
「いいね」とかコメントしてみたりしてる。
なんだかんだ言って、両方とも、
自分がもらうと嬉しいんだ。


あとね。
フェイスブック、すごいなー。
て思っていることが1つあるの。
それがある限り、止められない。


まず、ブログをシェアしてくれる人がいる。
それでブログを見てくれた人が
友達申請してくれる!
ブログ読者になってくれる!
こりゃすごい。


フェイスブックがすごいというか、
シェアしてくれた人がそもそもすごいんですけど。
シェア経由で初めて、他の人にもつながった時は、
まるで奇跡じゃないかと思ったんだよね。
「これがフェイスブックかー!」と。


まぁ、今後も。
フェイスブックが基本的に苦手だ、
という路線は変わらないかもしれないけど。
その「苦手路線」からもつながる人が出てくるって
ほんとすごい。


友達少ないんで(笑) ひとりひとり貴重なお人だ。
どうもありがとう。


ガマ 「ねーねー。
結局、何が言いたかったの?」


うーん。


(1)苦手なことがある


(2)苦手なりに、付き合い方があるよ


(3)苦手なのに(苦手ゆえに)
意外な出会いがあったりするよ


(4)だから、人生って面白いよね


こんな感じでどう。