社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

「ブログってリアルに近い人は案外読まない」この言葉の真意を読み取らなければ、あなたのブログはこの先もずっとおもしろくないままだろう。

あなたのブログは
リアルにとても近い存在の人達に
読まれているか?


もし、あなたが彼ら彼女らに
自分のブログの存在を知らせ、
読んでほしいと思っており、


彼ら彼女らが
1度は見に来たにもかかわらず
その後まったく
来ないとしたならば、


ズバリ言うけど、
そりゃあなたのブログが
おもしろくないのだ。



ブログは、
リアルにとても近い人には
なかなか読まれないと
言われるようだ。


しかしそれは、違う。


わたしもその言葉を
ある時まで信じていた。


しかし、気づいた。
リアルにとても近い人達も、
けっこう読んでるじゃないか?!



私は、誰に対しても、
ブログの存在をいったん伝えた後は
放置しておく、が基本だ。


強制や義理やお世辞や付き合いで
読むようなもんじゃない、
ブログってやつは。


しかも、
身近な人間のブログなんて。



けれど、けっこう読まれている。
または、戻ってくる。
さすがに全記事とは言わないが。
(全記事読まなくていい笑)


おもしろいのだと言う。



ブログの
「読まれるにおけるおもしろさ」は、
自分が決めるのではない。


自分以外の他人が決める。


「自分以外の他人」の中には、
当然、リアルに近い人達も
含まれる。



「リアルに近い人って案外読まない」
という言葉には、


「リアルに近い人の存在を
必要以上に気にしすぎるな」
が含まれているのだ。


それだけ、リアルに近い人の存在を
重くとらえ、時に苦しみ、
本音も出せないでいる人が多いことへの
思いやりなのだ。



ブログくらい、のびのび書きなよ。


ブログくらい、好きなように書きなよ。


あなたの気持ちはもうすでに
リアルに近い人には
伝わってるんだから、さ。


ブログくらい、さ。



…この真意を読み取らなければ、
あなたのブログはこの先もずっと
おもしろくないままだろうな。

f:id:takasemariko:20170810202956j:plain
背景、購入予定のガマの城♪

( ≧∀≦)ノ