社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

本当の気持ちを押しつぶして黙り続けていたら、人は決して救われない。その人にとっての本当を、その人ができる形で少しずつでも表していくことで、心が救われてくるのだ。


そりゃ
「読まれるブログ」
「いい記事」
「ヒットする記事」
も大事なんだけど。

私にとってのブログはまず第一に
自分のため。

自分の人生のため。

ブログを心地よく、
いかに自分で自分を妨げることなく
書き続けられるかを考え、
その通りにすること。

それを失ったブログは、
私のブログではない。

私は、「本当」を書きたいのだ。
「本当」を言いたいのだ。


記事がたくさんの人に読まれると、
その後落ち着かない気持ちになる。

プレッシャーとは、違うと思う。
私は、そういうプレッシャーには
強いほうだと、思う。
自分で言うのもなんだが。

とにかく落ち着かない。
ちょっと心の調子を崩す。


もちろん、
たくさんの人に読まれたいと
思っている。

たくさんの人が
私の表現する何かを喜んでくれるなら、
とても喜ばしいことだと思っている。


しかし、同時に、思う。

私が求めているのは、

すごい、とか
そういう評価を得ることではない。

「本当」を言いたい、

自分の「本当」を言い続けたい、

そういう時と場を大事にしたい、
ってこと。


なぜなら、分かっているからだ。

本当の気持ちを押しつぶして
黙り続けていたら、
人は決して救われない。

その人にとっての本当を
その人ができる形で
少しずつでも表していくことで、
心が救われてくるのだ。
そう私は信じているからだ。


人からの称賛とかすごいとか名誉とか、
人によっては
モチベーションになるのだろう。

私のなによりのモチベーションは、
ここで、本当を言うこと。

本当を言える人や場所を見つけたら、
そこでも自分にとっての本当を
少しずつでも表し続けること。


だから今日は、ある所で
言ってきた。

「ブログがたくさん読まれると」
「その後調子を崩します」
「なぜなのか、うまく説明できません」
「皆さんも分からないと思います」

そのままの本当を、言った。

誰も、私の言っていることを
ちゃんとは理解できなかったと思う。
言っている本人が、理屈として
理解していない。


でも、よいのだ。

本当を言える時と場だったら、
私はそこで本当を言う。

そうでしか
私の心は救われないし、
何のモチベーションにもならない、と
分かっている。