社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

たとえ「日記」だろうと「グチブログ」だろうと、ブログ主が自然に素直に心の内を吐露してそうなるのならば、それはそれでいいと思っている。

前記事で
「ブックマークしてよね」
とか言ったけど
ほんとはそれが目的ってわけじゃない。

もともと、ブログについて
人に何かを要求するのは好きじゃない。
要求されるのも好きじゃないし。


じゃあなぜ?

まぁブログ上ですよ。

ただ、知らせたかった。
今の状況を。

ねぇねぇ、
けっこうたくさん記事書いてるけど
全部はシェアしてないよ、

だから、もしかすると、
シェアしてない記事の中に、
あなたが気に入る記事があるかも
しれないよ、

って、知らせたかった。


私は、この1.2年、
いろんな人に会った。

え! あなたガマブログ読んでたの!?
って驚いたりもした。

人の好みって
ほんといろいろだなぁ、と
思ったのだ。

多くの人にはウケない記事でも、
誰かの心にササッてる場合もある。

そういうのは、書いた本人も、
分からない。

決められない。


自分自身を振り返ってみるとね。

ガマブログを始める前は、
知らない人のブログを読む専門だった。

「あなたは…」と語りかけて
説教垂れてくるブログも
好んで読んでたけど、

まったく逆に、ぶつぶつと独り言
言ってるとしか思えない、
ちょっと愚痴っぽくてなんだか笑っちゃう
ブログも、好きだった。

そういうブログを読んで、
私は勝手に何かを得たよ。
学んだし、癒された。

…という経験が、過去にある。

だから、たとえ「日記」だろうと
「グチブログ」だろうと、
ブログ主が自然に素直に
心の内を吐露してそうなるのならば、
それはそれでいいと思ってる。


だからね、
そういう記事も書き続けたいのだ。

人の反応を必要以上に気にせずに
書き続ける自分を、
取り戻したかったのだ。

それには、シェアをしない、と
決めてしまえば、かなりラクになる。


ともかく、今の私にとっては、
こうやってブログにするすると
ためらうことなく書き綴れること。

これが、ひとつの小さな、
いや大きな幸せなんだよね。