読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガマ系コンサルタント・カウンセラー・社会保険労務士 高瀬真理子のブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

人間関係がこじれて決裂する。時にはあるのだろうね。それに巻き込まれることだってあるのだろう。

そのものズバリに巻き込まれなくても
その片鱗に巻き込まれる、
そんなこともあるのだろう。

と、他人事のように書いている私も、
全然自分が気づかぬ間に
どうやら何かの片鱗に
巻き込まれたのだなと
ずいぶん後になって
気づいたことがあった。

何が原因だったのかも
分からない。

いつ、だったのかも
分からない。

当事者は、まぁ分かるけど、
関係者がよく分からない。

でも、なぜか私は片鱗に
巻き込まれたのである。
という自覚がある。

ずいぶん後になってから。

何もしていないのだが。

ともかく、
他のすべてが見えない中で
ただ「結果」だけがポーンと
手元に投げられて、

その「結果」の表面的な事実しか
分からない。

何があって、どうなって、
こうなったのか。

誰にも聞けず、聞かず、
そのままの疑問の形で
存在し続けている。


で、私は、
他者の人間関係への疑問とか
なんだか巻き込まれた感があるとか
そういうのは、よいのだ。

すべての理解は不可能。

別に全部を知らずとも、
人生は進んでいく。


ただね、時々、不意に、
その片鱗が現れるのだ。

普段私はすっかり忘れてるのに、
突然、その片鱗が現れる。

決裂の傷や影響が
決して小さくはないのだろうかと、
ふと、心奪われる。

つまり、モヤモヤする。

なんだったんだろう、いったい…


でもね、それってどうなの、と
思うのだ。

その片鱗を飽きずに見せてくる
相手に対しても思うし、
自分に対しても思う。


そして私はこうやってまた
ブログにせっせと書き綴るのだ。


ブログが
私の最大の話し相手なのだ。笑


ガマ 「今回もまた
ブログ大好き大好き、て
結論でいいの?」

…なんか違う気がする。笑