社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

ちょっとした言い争い(解決済)の中で「ちゃらちゃらしてるわけじゃないもん! 全部仕事に結びつける覚悟でやってるもん!」と叫んだのだが、直後に考えてしまった。

あれ…私、
全部を仕事に結びつける覚悟、とかで
餃子会とかやってるんだっけ?

違う。

仕事を掴むもよし、
遊びを掴むもよし、
友達が増えるもよし。

いろんな人が来やすいように、
ユルさを出したい。

どういう人でもアリ、な
広さを持ちたい。

まぁ、楽しいし
やりたいからやってるだけでした。


ただ、同時に、こうも思ったのだ。

もしも私が芯の芯から
「ちゃらちゃら」していたら、
人は来ないんじゃないかな、と。

なぜなら、
人は見ていないようで見ているからだ。

その人がどういう人なのか、
感じとるからだ。

私も、そうだ。

人のことを
見ていないようで見ているし、
なんとなく感じとる。

継続する人か、
簡単にはあきらめない人か、
約束に誠実であろうとする人か、
人に乗っかるだけでなく自ら行動する人か、

人を攻撃することで
自分の価値を上げようとしたりしないか、

その優しさは、本物なのか、

優しさの裏側に、
冷酷が潜んでいるのではないか、

あぁ、書き出してみると、
自分が人のどういう部分に
価値を感じるのかが分かるわね。


で、何の話だっけ?(笑)