社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

私の心が狭いのか、私が細かすぎるのか。何年も前から「個人事業主が他人の負担した金を自分の経費に入れてしまうこと」にモヤモヤしているのだ。


そして、現在の私は、
それをやる側の立場になっている。
個人事業主だからだ。
悪気はないが、
やっていることもあるだろう。
あぁモヤモヤする。

いったいどういうことか。
順に話をしよう。

私は、サラリーマン家庭で育った。
親戚に、個人事業主もいた。
家庭の中で、
「自営業は経費にできるから」
みたいな言葉を聞いたことがあった。

当時はどういうことか
よく分からなかったが、
もちろん今なら分かる。

サラリーマンだった父は、
定年退職後、ある自営業を始めた。
(今は辞めている)

私の家族は、けっこう潔癖な人達だ、
と思う。
私がイチバンその辺
いい加減かもしれない(笑)

父は、周りから
「何でも経費に入れちゃってるんでしょ」
的に見られることを非常に嫌がった。

事実、そういうことを
していなかったであろうことを、
私はよく分かっている。

でも、一般社会の
「自営業の人達への認識」なんて
そんなもんだ。
なんでもかんでも経費に
とりあえずぶち込んで、
引っかからなければオッケー、
そういう人も多いだろう。


私の前の前の会社の同僚に、
ダブルワークしている人がいた。
派遣社員と自営業だ。
A子さんと呼ぼう。

A子さんと私は、よく一緒に
お昼を食べに行った。

A子さんは、私の分の会計も
一緒にしたがった。
もちろん私は、自分の分は自分で出す。
A子さんは、
2人分合わせてのレシートor領収証を
欲しがるのだ。
自営業の経費に入れるためだ。

私は、それをされる度に、
ものすごくモヤモヤした。

なんで私が払った分が、
チミの経費として
チミの税金を安くするために
使われるねん?

毎回毎回ものすごくモヤモヤしたけど、
何も言えなかった。

どう言ったらいいのか
分からなかったし、
今だって分からない。


時が経ち、私は個人事業主になった。

ある人と食事をした。
その人も個人事業主だ。
Bさんと呼ぼう。

Bさんも私も、
自分の分を自分で支払った。

レジでの会計は、まとめてした。

Bさんは、領収証をもらって欲しいと
私に言った。
私も領収証が必要かどうか聞いてくれたが、
私はなぜか反射的に
要らないと答えてしまった。

Bさんは、2人分の領収証を持ち帰った。

そして私は今も、
そのことを忘れずにいる。


何人かで食事をした。
個人事業主もサラリーマンもいた。

何皿か頼んでシェアしたので、
会計は人数で割った。

個人事業主であるCさんが、
「領収証必要な人は?」
と問いかけた。

私を含め、3.4人ほど手を挙げた。

店に頼んで、
合計額を割った領収証を出してもらった。
領収証を欲しいと思う全員が、
手に入れることができた。

しかし、私はここでもモヤモヤしたのだ。

だって、この金額の中には、
私が支払っていない分が
含まれている。
サラリーマンの人達の分だ。

サラリーマンの人達が負担した金が、
個人事業主の「経費」となり、
個人事業主の税金を安くするための
金額となっている。

あぁモヤモヤする。

自分も、そうするほうの立場になったのだ。

ただ、ひとつ付け加えると、
私はそうやって持ち帰った領収証を
すべて経費としているわけではない。

それならいっそのこと、
領収証を欲しい人に
譲っちゃえばいいんじゃね?

とも思うのだが、前の前の会社で
毎回毎回思った

なんで私が払った分が、
チミの経費として
チミの税金を安くするために
使われるねん?

というモヤモヤを思い出すと、
きっぱりそうする気にもなれない。

自分が出費した分は、
自分の裁量下に置きたい。
経費にするしないは別として、だ。


金額の問題ではないのだ。
金額自体は、騒ぐほどの
「大した額」ではないのだろう。

金額ではない。
両方の立場から見た時の
なんとも言えない
とにかくモヤモヤする感じとか、

それがこの先ずーーっと続くのか…
と思った時のやるせなさというか、

じゃあもう
どうにも仕方ないものとして、
いちいち引っかかるの自体をやめちゃおうと
思ってみても、

たぶんこの先もモヤッとするのだろうな、と
予測できちゃう感じとか。


両方の立場を経験した者として言えば、
税金計算に関して
サラリーマンは断然ラクだ。
基本的に、会社が全部やってくれる。
まぁ全部お上に
捕捉されてしまうってことだけどね。

対して、個人事業主の税金計算は、
それなりに大変だ。
大変さを避けて税理士に頼めば、
税金計算自体にも金がかかるという仕組みだ。

これらを考えれば、個人事業主に
裁量の幅を大きくする特権をあげたって
いいんじゃないか、という言い逃れの理屈が
成り立たないわけではないかもしれない。

だって、サラリーマンは、
本来は自分でやるべき計算を
会社任せにしてられるんだから。


だけど、やっぱり違うのだ。

どれだけお上に捕捉されているか。
どれだけ大変か。
ってことと、
私が長々と書いてきたモヤモヤとは、
違う次元の問題なのだ。


ねぇ。チミ。
私は、細かすぎるんだろうか。

いや、私の普段の会計生活は、
どんぶり勘定もいいとこなんだけど、
ほんとに(笑)


じゃあ、心が狭いんだろうか。

他の人は、
こういうことが
気になったりしないんだろうか。

内心気になったりするけど
黙っているだけなんだろうか。


で、私は、ここで
長年のモヤモヤを告白して、
いったいどうしようというのだろう。

周りには、個人事業主が増え続けている。
もちろん、サラリーマンだって多い。

どうしたら解決できるのか、
有効な策は思いつかないよ。

みんな、モヤモヤしないのか??




以下、イベント、連絡先、お知らせなど

【ガマトーーク! 毎週(金)開催がま~】
3月31日(金)23時~23時30分。
フェイスブックのコメント欄を使った
ユルくて楽しいチャット会。
高瀬真理子のタイムライン
毎週(金)に今までの分がありますので
ご覧下さい。
https://www.facebook.com/100009953641774


【お問い合わせ等、こちらにどうぞ!】
下記メールまたは
フェイスブックメッセンジャーへ
mariko☆gamachan.com
   (☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774


【フェイスブック、やってます~】
お会いしたことない方もどうぞお気軽に!
友達申請時のメッセージ特に要りません。
https://www.facebook.com/100009953641774


【セルフマガジン「がまがま遊園地」
無料で送ります~】
本編:全体的なガマの紹介
別冊:かさこ塾メイン
郵便番号、住所、氏名、
下記(1)(2)のどちらか、希望部数を
メールまたはFBメッセージくださいね!
(1)本編と別冊が欲しい
(2)別冊が欲しい
mariko☆gamachan.com
   (☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774