読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガマ系コンサルタント・カウンセラー・社会保険労務士 高瀬真理子のブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

私の記事はずっと以前からこんな傾向がある。いろいろ考えて書いた記事よりも「もうこれは自分のために書く」と決めて書いてしまった記事のほうが、読まれるのだ。


いろいろ考える、の中には、
それこそ「いろいろ」含まれている。

文の構成、読みやすさ、
どんな人に向けて書くか、
おもしろく読んでもらうためには、
エトセトラ、エトセトラ。

総合的に、他者目線、
てやつかもしれない。

それを考えて、効かせて、意識して
書くよりも、

「もうこれは自分のために書く」

「もうこれは自分の心のために書く」

「もうこれは自分の心の
回復のために書く」

「もうこれは自分の心の
叫びをそのまま書く」

「もうこれは、だから、
多くの人に読まれたいとか思わない」

と、
多くの人に読まれることをあきらめて、
多くの人に読んでほしいという
願望を捨てて、

自分のために、を
徹底して書いた記事だと
自分で思っている記事のほうが
読まれる傾向にあるという、この事実。

いったい、なんなんだろう。


私がさっき思いついた
ひとつの可能性としては、これだ。

私が他者目線のいろいろを意識すると、
そこに自分でも気づかぬうちに
「媚び」が入るのではないか、
ということだ。

もちろん、
誰に媚びてるつもりもない。

けれども
どこかにその匂いの片鱗が存在し、
記事の濁りになるのではないか、

それを感じ取る人にとっては、
その記事は面白くない記事、
興味の持てない記事になるのではないか、
と。


逆に
「もうこれは自分のために書く」と
決めて書いた記事には、
濁りが存在しないのかも。


うーん。どうなのかな。



【イベント予定】

2/22(水)はガマのギョウザ会!
横浜鶴見かさこ塾3回目講義の前の
ランチです!
ぜひご参加を~
https://www.facebook.com/events/629305243928515/
※今回は、
フェイスブックかさこ塾グループの
イベントになりました。


3/23(木)はガマの勉強会!
個人事業主、経営者、
今後そうなりたい方が知っておくと
いいよね~ていう法律的知識を
一緒に楽しく勉強しませんか!
近日告知&お申込ページ作成。

前回の勉強会ありがとう記事 ↓

blog.gamachan.com

 


【お問い合わせ等、こちらにどうぞ!】
下記メールまたは
フェイスブックメッセンジャーへ
お願いします。
mariko☆gamachan.com
   (☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774


【ガマトーーク! 毎週(金)開催がま~】
2月17日(金)23時~23時30分。
フェイスブックのコメント欄を使った
ユルくて楽しいチャット会。
高瀬真理子のタイムライン
毎週(金)に今までの分がありますので
ご覧下さい。


【フェイスブック、やってます~】
友達申請お気軽にお願いします!
お会いしたことない方もどうぞお気軽に!
メッセージの有無にこだわりありません。
あってもなくてもどっちでもいいのです。
https://www.facebook.com/100009953641774


【セルフマガジン、送ります~】
ガマってこんな人、って紹介してる
セルフマガジン本編と
そこから飛び出した別冊を
無料で郵送します!
郵便番号、住所、氏名、
下記(1)(2)のどちらか、希望部数を
メールまたはFBメッセージくださいね!
(1)別冊が欲しい
(2)本編と別冊、両方欲しい
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774