読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガマ系コンサルタント・カウンセラー・社会保険労務士 高瀬真理子のブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

「果てのない広い世界に 心ちっぽけな自分がいて。でも今すぐ動きだそう 希望の地図を広げて」新年会でくらげの歌を弾き語りしてきた。


フェイスブックで
ライブ配信してくれていたのを
帰宅後、聴いた。

撮っといてくれて、
本当に良かったありがたいなと
思った。

ある理由から、
自分の歌声を確認して
ちょっとほっとした部分があるのだ。

本当にありがとう。

これだけでなく、
すべて、いろいろ、ありがとう。


自分がひとりで歌っているだけだと
自分にしか届かない。

人が複数いるところで歌えば
届くチャンスが広がる。

歌に限らず、
人が複数いる場、大勢いる場に
出ていく意義は、
そんなところにもある。

伝えたいことが
届くチャンスが広がる。


周りに個性的な人達が大勢いると、

あぁ自分なんて
埋もれてしまう、

と思ってしまうかもしれないけど、
そんなことはない。

私自身の好みで言えば、
個性がすごく尖っているとか
目立つとかそんなことよりも
大事だと思うのは、
安心感とか信頼感とかだ。
まぁそんなものだ。

それがしっかりと構築されれば
りっぱな個性だ。


私がくらげの歌を通して
伝えたいことのひとつも、
それなのかもしれない。

人がこうやって
自問自答したり悩んだりするのは、
誰もがそうなんだよ、

あなただけじゃないよ、と。

歌ってる本人そうですよ、と。

だから安心してよ、と。

人に言い、自分に言い、
それを聴いてくれる人達がいる、
それを届ける場所があるという、
その安心感を土台に

じゃあ進んでいこうよ、
進もうよ、自分、と
言いたいのかもしれない。

ススメ。


ガマ 「まりこさん歌いっ放しに
なってないですか大丈夫~??」

え。

なってないかどうかを
自問自答中!?


「くらげの歌」歌詞載せてます ↓

blog.gamachan.com