読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガマ系コンサルタント・カウンセラー・社会保険労務士 高瀬真理子のブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

下書きのない人生を送りたい。


私にとって「救う」とは
「神が人を救う」
こんな時にこそ使う言葉なので
本当は安直に使いたくない。

それでもこの1年半、
できるだけ本音の部分で
ブログに向かい続けて
私の心は救われた、と言える。

もしも私がどこかの組織に
ガッチリと所属していたら、
今のようには
書けなかったのかもしれない。

と思うと、その1点だけをとっても
フリーランスであることに価値がある、
私にとっては。

どこに価値を置くかは
人それぞれなので、
好きなようにやればいい。

社会人になってからずっと、
働く=会社の中で生きる、
だった身からすると、
どこかに所属して生きるほうが
ラクなのかも…

と、今、書きかけたけど、
イヤ違うな、と思った。

最後に所属していた会社でも、
上司がすごく理解のある人で
私と相性も良かった? から、
なんとかもったようなものなのだ(笑)


自由が侵害されたな、と
思うとものすごい圧迫感で、

自由にモノが書けない、と
感じるとものすごいストレスだ。

前記事で
「下書きが溜まっていく」という
記事を出したが、
その後も下書きが1つ増えた。


一番いいのは、
下書きに送るような文を
書かないで済むこと、

下書きを溜めないで済むように
生きること。

下書きのない人生を送りたい。

ガマ 「これも下書き行き・・・?」

さぁどうするか。