社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

時々は暗黒を吐き出してグレーくらいにしておきたいじゃん? (注) 暗い記事。好まない人は読まずにスルーせよ。


私のブログの購読層には、
ひとつの特徴がある。

身近な人に案外読まれている、
ということだ。

身内を含めた身近な人ということ。

最初の頃は、何とも思わなかった。

だが最近は、これが重荷となっている。

とか書いちゃうこの記事も、
読まれてるかもしれないのだが(笑)

書いたことについて、
喜ばれたこともある。

書いたことについて、
文句を言われたこともある。

消せと言われたこともある。

何かを書く、表現する以上、
何らかの反応は避けられない。

むしろ、反応があるのは
喜ばしいことなのかもしれない。

だが、

あぁ本当はこう書きたいのに。

あぁ本当はこれを書きたいのに。

あぁ本当はここをえぐりたいのに。

あぁ本当はこれを自分に問いたいのに。

あぁ本当はここを訴えたいのに。

あぁ本当はこう叫びたいのに。

そんな思いでいっぱいになる時に、

読む人のとらえ方、
読む人からの反応を慮ってしまう。

心配をかけるんじゃないか。

文句言われるんじゃないか。

私は、何かを言われるのは
わりと構わないほうだ。

だが、後処理に時間と手間がかかるのが
お断りなのだ。

こりごりだ。うんざりだ。
エネルギーを消耗する。

私の貴重なエネルギーを
そんなことに消耗するのは
お断りだ。

という思いが強くなると、
自衛のために
言いたいこと表現したいことを抑える、
という方向に向かっていく。

最近が、そうだった。

ちょうど旅も行ったし、
旅の話を書くのは本当に楽しい。
だからそっちの話で良かった。

が、ダメなんですよ。

結局、こうやって、書いている。



あぁ、あとはね。

ブログ記載の暗黒事項は、
基本、スルーする。

が、ブログ界の掟だと思ってんだけど
どうなのかな。

特に、ここガマブログ。
現実と妄想が混じり合う。
そう構築している、はずなんだけど。

こちらからアクションなければ
スルーしてくださいよ、っと。

ガマ 「じゃあ書くな、て言われるよ」

それも、そーだな。

だけど、時々は暗黒を吐き出して
グレーくらいにしておきたいじゃん?