読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガマ系コンサルタント・カウンセラー・社会保険労務士 高瀬真理子のブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

この記事読み返したら、ひたすらベース音だけが鳴り響いてる、みたいだなと思った。

あのことを書か「なきゃ」と
思っている時点で、アウトだ。
書けない。

来年1月にセミナーを開くことにして、
テーマも会場となる会議室も日程も
決めた。

新幹線の中から
フェイスブックに投稿もした。

しかし、もう数時間前から
書か「なきゃ」
書か「なきゃ」
と思い続けている。

あぁ今夜はこれは、
ダメなんだなと思った。


さっき、自分の過去記事を
いくつか読んだ。

いくつかの記事で笑い、
いくつかの記事で泣けてきた。

同じ記事の中で
笑うと泣くが両方あったのもある。


フェイスブックへの投稿は、
少し緊張気味の自分が
映し出されたりする。

だから、
「こういう内容を投稿しよう」
と決めておけば、
その通りにできたりする。


しかし、ブログにはできない。

「こういう内容の記事を書こう」
と決めておいても、
その後に気持ちがそうならないと
書けなくなってしまう。

「営業的には」まったくイケていないし
ある意味、甘え、とも
言えるのかもしれない。

そう思うとまた何やら悲しくなったが、
さっき読んだ自分の過去記事で
すでに書いてた。

「読まれない (かもしれない) 記事でも
書きたいと思うから書きたい、

「営業的には」イケていない私の価値観」


…ガマばる。



この記事、読み返したら、
ベース音だけがひたすら鳴り響いてる、
みたいだなと思った。