社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

「…んなこたぁどうでもいいわっっ!」のひとつ。注)日記です。


今月もずいぶんブログ書いたなぁと
思った。

多さに価値を置いているわけでもなく、
何かを競っているわけでもない。

ただ、書かずにいられない。

どうせ書くなら
それっぽい発信をと思って
カウンセラーっぽい記事を
書いたら、

その後、気持ちが悪くなった。

質問が来たから
それじゃそれについて書くかなと思って
調べ始めたら

とんでもなく時間がかかった。

ただ、それは苦痛ではなかった。

難しいこと、分かりにくいことを、
正確さを失わずに
ある程度の易しさに落とし込む、

たぶんこれは私の得意な分野だ。

しかし、とにかく時間がかかる。

当たり前だ。

正確さを失うわけにはいかない、
という絶対条件の前に、
多くの資料を見る。

易しさ、のために
表現を工夫する。

時間はかかる。

決してキライではないが、
どんどん記事を書きたくなってしまう
私としては、
結局は強力なきっかけがないと
やらないことになる。


あ、そうか。

どんどん記事を書きたくならなければ
いいのだ。

もっと質のいい記事を

1日1本書くだけで
満足できるようになれば
いいのだ。

そしたらもっと
1つの記事に時間をかけて
質のいい記事を出せるの?


でもさぁ、
「質のいい記事」って
なんだろうね。


なんでこんなことを
言い出したのかというと、

今月もずいぶん記事書いたなぁと思って
1か月をざくっと振り返ってみたら

全体の雰囲気が
あまり好きだと思えなかったからだ。


こないだ、
フェイスブックの
1年前の振り返りにやられた、
って記事を書いた。

1年前の記事のほうが好き、
1年前の自分のほうが好き、
とてもショックを受けた、
っていう内容だ。


結局その後も、
自分が書きたいように書いている。
これしか今はできない。

そして、1か月を振り返ってみたら、
やっぱり大好き! とは思えなかった。


ウケた記事もある。
楽しんでもらえた記事もある。

ちゃんとある。

いろんなことに
私なりに向き合って
その時、その時、ちゃんと書いている、
つもりだ。

なのに、なんだろうな。


…みたいなことは
考え出したらドツボにはまる。

たぶんこれも、
「…んなこたぁどうでもいいわっっ!」
のひとつだ。


まぁこれも楽し。

ばいばい。


 「…んなことは、どうでもいいわ…」
とスルーする。↓

blog.gamachan.com