読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガマ系コンサルタント・カウンセラー・社会保険労務士 高瀬真理子のブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

「いいね」を求められるのが好きではない。


フェイスブックをやっていると
「いいねをください」という
お知らせがくる。

2016年11月13日(日)深夜現在
私の対処法はスルー、つまり無視だ。

求められていいねをする、
という行為が好きではない。

それでも、以前はしていた。

1年半前にフェイスブックを始めた頃から
ある程度までは、
どんなページなのか見に行って
それほど変でなければ押したりした。

リアルに親しい友達ならば、
なおさらだった。

だが私は、
ある時ふとイヤになった。

なぜ、求められて、
いいねをしなきゃいかんのでしょうか?

ガマトーーク以外で
フェイスブックを
チョー活用しているわけでもない私が

なぜ、内心「なんかやだ」「めんどくさ」
と思いつつ
この手間かけなきゃいかんのでしょうか?

あー、ていうか、
理屈ではないのだ、きっと。

私はもう感覚的に、

「要求されてその人に加点する」
行為がダメなんだと思う。


だから、
ふとイヤになった日以後、

「いいねをください」が来ても
無視することにした。

リアルにある程度親しい人から来ても、だ。

だって、
どっからどこまでを受け入れて、
どっからどこまでを却下する、とか
決められない。

それなら、全員を却下、
としておいたほうがいさぎよい。


とはいうものの、

何かの審査で必要とかで
作品へのいいねが欲しいとかの話の時には
見に行ったりもする。

が!

やはり、つけられない。

「友達だから」という
理由だけで、
私はいいねをつけられない。

並んでいる他の人の作品、
つまり友達以外の作品も
すべてがステキに見える、

なんて時にはどうすりゃいいの?

ま、そんな時にはやっぱり
私の原則「スルー」を適用。
何もせずにページを閉じる。


とにかくね、
私は「要求されてその人に加点する」
行為はダメなんですよ。

できない、ってことです。

だから今は、みんなにそうしてる。


最後にひとつ、伝えておきたい。

いいねをしないことと、
相手への好悪の感情とは
まったく別問題だということだ。

私の側の相手への感情。
なんら変化はない。
友達なら友達として、同じままだ。

たぶん問題があるとすれば、
相手がどう思うか、なんだろうね。

けどそれは、
私にはどうすることもできないな、
と思っている。


…えーと、どうやってガマブログ
締めようかな~


あ!

この記事をいいね、と思われた方は
いいね、をお願いします~ ^^

なんて、どうかな??




(ガマってこんな人、って紹介してる
セルフマガジン郵送します!)

セルフマガジンの歴史を変えた!
と驚かれた大人気「がまがま遊園地」
無料で郵送します!

郵便番号、住所、氏名、希望部数、
メールまたはFBメッセージくださいね!
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774



(お知らせなど)

ガマトーーク! 毎週(金)開催
11月18日(金)23時~23時30分。

フェイスブックのコメント欄を使った
ユルいチャット会。
高瀬真理子のタイムライン
毎週(金)に今までの分がありますので
ご覧下さい。


フェイスブック
友達申請お気軽にお願いします!
お会いしたことない方もどうぞお気軽に!
メッセージの有無にこだわりありません。
あってもなくてもどっちでもいいのです。
https://www.facebook.com/100009953641774


ホームページ作成中
http://www.gamachan.com/


お問い合わせやご連絡
下記メールまたは
フェイスブックメッセンジャーへ
お願いします。
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください