社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

プレゼン前日。ウソをつかずに気持ちを書きました。

前記事を2時間ほど前に
威勢よく書き上げたけど、
フェイスブックにはシェアしなかった。

自分を鼓舞するために書いた、
みたいなところがある。

それでもシェアするときはするけど、
今回は書いた後その気がなくなった。
てことは、そういうことなんだろう。

でもいいのだ。
ブログに直接来てくれる人もいる。
ありがとう。


で、私は例によって少しばかり
自分にウソをついたかもしれない。

現時点で私は、
ものすごくやる気に満ち溢れていない。

うーん、違うな。
やる気はもちろんあるが、
暗雲が心を覆っている。

具体的には、2つ、ゆううつな点がある。
言ってはいけないと思って言わなかった。

そう。
私はいつもそうだ。

「私の立場だったら」言ってはいけない。
「私の状況だったら」言ってはいけない。

と自分に禁止し、禁止し続ける。

ただ、最近は、
ギリギリになってこうやって
吐き出し始めることが多い。

ブログがあるからだ。

もしもブログがなかったら、
今頃私はいったい、
どうしていたんだろう?


明日のゆううつは、
重たいギターとスケジュールの順番だ。

重たいギター?

以前、ギタリストの友人が
「ミュージシャンは土方 (どかた) だ」
と言った。
私は名言だと思った。

当時私もよくギターを持ち歩いたり
場所のセッティングをしていた。

音楽をやるには「力」がいる。
文字通りの力、力仕事のほうの力。

まぁ、当たり前のことだ。
自分のやる楽器の面倒と、
その他もろもろの面倒をみるのは
当たり前であり、
だから、グチっちゃいけない、て
私はいつも思ってる。

が。

プレゼンの場所がなかなか、わー、
いやどうしよう、
どういう行き方を選択しよう、とか
考えてたら、ゆううつになった。
ずっとゆううつだった。
細かい点は省く。


で、それだけならまだよかったのだが、
スケジュールを知ったときに
私はのけぞった。

なにぃ!?
プレゼンの「前に」名刺交換会だとー!?

・・・・・・・

名刺交換会は、後にしてくれよーー!!

って、心が叫んでたよ。

想像してみ。
大人数がいっせいに喋り始めたら、
会場は大音響だ。

その中で、
名刺交換する相手と会話する。

叫びながら、になるだろう。

終わる頃には、
身も心も喉もくたくたになるだろう。

その後に、私は、
くらげの歌を歌うのか…

いや、ね。
うまい、へた、そこではない。
私はミュージシャンではない。

しかし、私は、
くらげの歌で、伝えたいのだ。
くらげの歌を、伝えたいのだ。

いい状況で最善を尽くしたいと願うのは、
当然の心理だろう?


ま、いいんです。
状況が状況なら、
それに合わせて生きてきた。

自分の条件と他者の条件も違う。

私にとってはダメでも
他の人には何でもない、
それはあるし、逆もまた然りだ。

つまり、
いろんな条件や状況を
あげつらってもしょうがない。

あるものを生かし、闘い、
最善を尽くす。

そうすべきだし、そうしてきたと思ってる。

だから、今回、こういうことで、
いうなればこんなちっちゃいことで
ゆううつになってるってことも
言っちゃいけない、て思った。

言ったら逆に
自分が苦しくなる、つらくなる、
て思って、言わなかった。


だけどね、なんだか、
ほんとに苦しくなってきたのよ(笑)

ここは私のブログなんだから、
違法でなく公序良俗に反せず
誰かを傷つけない限り、
何を言うかは自由だよね。

ってことで、言ってみたのさ。


ま、自分の歴史を振り返るとね、
本番の前日、てのは
イチバンイケてない日。

前日にオチるのは、
本番でイケるための
マスト事項なのかもしれん。


ってことで、
明日、よろしくお願いしまっす!