社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

「ブログは誰か1人に向けて書いたほうがいいのか?」 ブログの質問あれこれに答えるシリーズ。パート9


誰か1人に向けて書くと
たくさんの人に共感され
たくさんの人に読まれることがある、
と、どこかで読んだ。

概ね賛成だ。

が、必ずそうなるとも限らないのは
当たり前だ。

私は、違う視点からこの記事を書く。
自分の満足度、という点だ。


ある時期、
私はある1人に向けて
よく記事を書いていた。

それらの記事は、
たくさんの人に読まれた時もあれば、
そうでない時もあった。

アクセス数のチェックはしていないので
正確なデータはない。
シェアやいいねや
自分のブログ内のランキングからの判断だ。

たくさんの人に読まれれば、
もちろん嬉しかった。

では、あまり読まれなかった時は
がっかりしたか?

いや、そうでもなかったのだ。


私は、ある人に向けて記事を書いた。
その人が読んだかどうかは
わからないままだった。
読んでいなくても構わなかった。

「ある人に向けて書いた」とは言うものの、
必ずその人が読むと予想して
書いているわけではなかった。

その人に伝えたいことがある、とか
その人にアドバイスしたい、とか
そういう意味での「向けて」ではないのだ。

「私の気持ちを
その人に言うとしたらこうなる」
言葉にしたら、これだろうな。

「私の気持ちのために必要な記事」
だったので、
たとえたくさんの人に読まれなくても
がっかりしなかった。

外しちゃった、などとも思わなかった。

他人の反応がどうであろうとも、
私は何度も何度も読み返し、
心の満足度は高まっていったのだ。


そうなのだ。
ある1人に向けて大切に書いた記事は、
どれだけ多くの人に読まれたかという問題を、
ごく些細な事柄へと押し下げる。

そんなちっぽけなことよりも、
その人に向かって語った自分の気持ち。
それこそが大切であり、
何度も何度も読み返し、
愛おしさの増す記事となるのだ。
あくまで自分にとって、だが。

アクセス数をちっぽけ、と言ってしまったが、
私がまず、何を第一義として
このブログをやっているかを考えた今の場合、
てことだ。

読者を表す指標がアクセス数であり、
決して軽んじてはならないということは
わかっている。

しかし、
私のようなブログを運営する者にとって、
たった1人に向かって記事を書くことは
アクセス数やらなにやらを超える満足度を
もたらし得るのだと知った今、
とても心が痛い。


この記事の最初に
「ある時期、
私はある1人に向けて
よく記事を書いていた」と書いた。

ある時期。

今でも、
その時期の自分の記事は、とても好きだ。

いろんな思いに
戸惑ったりつらかったりして、
気持ちの状態がいいとは
決して言えなかった。
しかし、自分の記事はとても好きだ。


今の私は、
「ある1人に向けて記事を書く」を
あまりしていない。

やりにくくなってしまったのだ。

だから、やらない、という
無難な選択をするようになってしまった。


今も
「ある人に向けて記事を書く」は、
しょっちゅうしている。

しかし、
「人」と「人」との間には
何百光年以上の隔たりがあるのだ、
と、私は痛感している。

だって、
満足度が全然違う。
記事への愛おしさが全然違う。


ある人に向けて記事を書いている
その時間は、
その人と私だけのものだ。

その人が読んでいるのか読んでいないのか、
どちらでもよい。

読んでいればなお良く、
でも多少恥ずかしい。
読んでいなければちょっとほっとし、
ちょっとがっかりするだろう。

それでよいのだ。
それが、私のかつてのブログだ。

今や「やりにくくなった」と放棄し、
無難に「人達」で
自分を納得させようとしている、
そんな、最近の私。


他の人の目線や評価はわからない。

しかしたとえ
いい評価を受けようとも、
自分自身の満足度は高まらない。

何個も何個も記事を書くが、
結局未消化ばかりが残る。
そんな現状だ。


だからね。
ブログの質問あれこれ、パート9。

「ブログは誰か1人に向けて
書いたほうがいいのか?」

への答え。

ぜひ、そうしてください。

無難に選択した人達、じゃなくてね。

あなたが
「私の気持ちを
その人に言うとしたらこうなる」
っていう、その人へ。

そのほうが、格段に
あなたの満足度は高まるんじゃないかな。




(ガマってこんな人、って紹介してる
セルフマガジン郵送します!)

セルフマガジンの歴史を変えた!
と驚かれた大人気「がまがま遊園地」
無料で郵送します!

郵便番号、住所、氏名、希望部数、
メールまたはFBメッセージくださいね!
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774



(お知らせなど)

ガマトーーク! 毎週(金)開催
10月14日(金)23時~23時30分。

フェイスブックのコメント欄を使った
ユルいチャット会。
高瀬真理子のタイムライン
毎週(金)に今までの分がありますので
ご覧下さい。


フェイスブック
友達申請お気軽にお願いします!
お会いしたことない方もどうぞお気軽に!
メッセージの有無にこだわりありません。
あってもなくてもどっちでもいいのです。
https://www.facebook.com/100009953641774


ホームページ作成中
http://www.gamachan.com/


お問い合わせやご連絡
下記メールまたは
フェイスブックメッセンジャーへ
お願いします。
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)