社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

自分をイジリたぁい!衝動を抑えつつ、カウンセラー目線で書きました。


カウンセラーの私について
とてもステキな記事を書いてくれた人がいる。

yanosachi.exblog.jp


すでにフェイスブックでシェアしたが
ブログでも書きたくなった。

振り返ってみれば、
他の方達が私について
記事を書いてくれたことが
何回もあった。
(カウンセラーという視点に限らない)

記事を書く以外にも、
引用、言及してくれたり。

会っている時 (直接、スカイプ) に
何らかの言葉を言ってもらったり。

メッセージ、コメント、などなど…

もちろん、
私はその都度答え、感謝の意を伝え、
場合によってブログ記事にしたり
シェアしたりしてきた。

しかし、今、私は、
大いなる疑問にぶち当たっている。

もしも私が、
他の方達が私について
表現してくれたことすべてを、
ほんとに残さずその都度マメにすくい上げて、
「ほーらこれが私ですよ」と
もっとちゃんと見せることができていれば、

もうそれだけで
十分な宣伝ブログというか、
お仕事ブログ (サイト) が
出来上がっていたのではなかろうか?

…うん、できてたよね。

私は、自分について
「いいこと」を言ってもらうと
そりゃもちろん嬉しいのだが、
同時になんだか
「いやぁそんなすごいことしたっけな?」と
本気で疑問に感じてしまうところがある。

言ってくれる人を疑う、とは違う。
真の言葉とお世辞との区別は
ついているつもりだ。

褒められ慣れていない、とも違う。
私は子供の頃から
「自由型優等生 (いいネーミングでしょ 笑)」
だったので、わりと褒められ慣れている。

しかし最近は、
「自分をイジってる」のが一番落ち着く。

この記事を書き始める時も、
構想として「イジり系」がまず頭に浮かんだ。

「いやいやせっかくステキな記事、
それを紹介したいんだから、
真正面からマジに書かにゃ」って
自分に言い聞かせて、
ほら、やっとここまでたどり着いたのだ。

こんなだから、
せっかくお友達や知り合った方が全力で
「まりこさんいい!」って言ってくれても、
私のフィルターを普通に通すと
ちょっと違う着地点にたどり着く。

ただ、私は、本当は、わかっているのだ。

その人は、あなたは、
「私だから」「相手がまりこさんだったから」
その話をしてくれたのだ、ってことを。

だって、私自身が、話す相手を選ぶからだ。

「カウンセラーだから」「〇〇だから」
ってな相手の職業的理由で、
どんな話でも話したりはしない。

私だって
「その人だから」「あなただから」
話しているのだ。

だから、私は、わかっている。

その人が、あなたが、
私を信頼して話してくれるというその事実を
重く受け止めている。
ちゃんとわかっている。

ただ、
私のフィルターを通して公に表現した時には、
なんだか違う素っ頓狂なモノへと
変貌しているかもしれないんだけど。

それはまぁ、その、一種のツンデレ。。。




着地点は、甘ったれ!?




(ガマってこんな人、って紹介してる
セルフマガジン郵送します!)

セルフマガジンの歴史を変えた!
と驚かれた大人気「がまがま遊園地」
無料で郵送します!

郵便番号、住所、氏名、希望部数、
メールまたはFBメッセージくださいね!
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)
https://www.facebook.com/100009953641774



(お知らせなど)

9月下旬。ガマ、コラボセミナー

blog.gamachan.com

 



ガマトーーク! 毎週(金)開催
9月16日(金)23時~23時30分。

フェイスブックのコメント欄を使った
ユルいチャット会。
高瀬真理子のタイムライン
毎週(金)に今までの分がありますので
ご覧下さい。


フェイスブック
友達申請お気軽にお願いします!
お会いしたことない方もどうぞお気軽に!
メッセージの有無にこだわりありません。
あってもなくてもどっちでもいいのです。
https://www.facebook.com/100009953641774


ホームページ作成中
http://www.gamachan.com/


お問い合わせやご連絡
下記メールまたは
フェイスブックメッセンジャーへ
お願いします。
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)