社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

「長いし楽しい記事ではないので、自己責任で読んでください」って、一度言ってみたかったんだよ。


って冗談みたいにしちゃったけど、
マジです。


私には以前から、ある問題がある。
昨日や今日生じた問題ではない。
私が起こした問題ではないが、
私の人生に
私にとっては信じがたい影響を及ぼしている。
概略も言えないので、これ以上は言わない。

問題と同居(たとえだ)して
生きていくことには
すっかり慣れてしまった。

常に同居しながら
明るく笑い、
集中し、
目標を達成していくことは、
私にとって当たり前の日常だ。
そうすることに慣れてしまった、
というか慣れざるを得なかった。

慣れたため、
もう問題は自分にとって
何でもないことなんだ、と思ったりもする。
しかし、決してそうではない。

振り返ってみれば、私は、
とてもとても、耐え難いと思っていた。
思っていたし、思っている。
どうにかしようとしたし、している。
だが、どうすることもできない。
できなかった。

結果的に「私の」問題になってしまったが
「私が」解決しようとして
解決することではないのだ。

だから、
とてもとても悲しくなってしまう。

「私が」解決できることではないのに
「私の」問題になってしまい、
「私を」苦しめる、
それに「私が」無力であること、
もしかすると無力であることを
「私が」選択しているこの現実に、
引きずり込まれそうな悲しさが襲ってくる。

いや違う、
もちろん、私は、
「無力であること」の選択などしていない。
最善を選択してきたつもりだ。

だがもしも、
他人に現実の一面を見せたらきっと
こうじゃないかああじゃないか
こうすればああすれば
訳知り顔の推測やアドバイスが始まるのだ。
だから、言わない。

ブログで言ってるじゃん、ていう
ツッコミは、なしだ。

悲しみに襲われるいっときを過ぎると、
何事もないような顔をして、
普段通りの行動に戻る。
もうこのまま大丈夫かも、と錯覚する。

私はこの、
長い長いサイクルを繰り返している。


今、久しぶりに、
危機だと自覚している。
かなり、重い。

心を少しでも軽くしたい。
だからブログを書く。
ブログは私のカウンセラーだからだ。

さらに今回は、
現時点で思いつく課題をどんどん
周りの人達に
頼もう、負ってもらおう、と思ってる。
心を少しでも軽くしたいのだ。

それがたぶん、
今の私にできる最善なんだと思う。

f:id:takasemariko:20160316000631j:plain



(以下、告知など)

ガマトーーク! 毎週(金)開催
3月18日(金)23時頃~23時30分頃。
フェイスブックのコメント欄を使う
ユルめのチャット大会。


ホームページでつぶやきガマー
http://www.gamachan.com/
だいたい毎日更新中。
ホームページを
「ガマのつぶやき」の場とする。
「つぶやき」他「聖書」のページあり。
最善途上の HP。


フェイスブック
https://www.facebook.com/100009953641774


お問い合わせやご連絡
下記メールへお願いします。
mariko☆gamachan.com
(☆を@にしてください)