社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

メリークリスマス! って、ブログタイトルを変えてみたよ。


ガマ 「そういうことばかりしてないで、
記事を書きなさい」

私はプロフィールにも載せてるが、
プロテスタントのクリスチャンだ。

少し前に、
聖書のことばをテーマにして、
記事をいくつか書いた。

ある時書いた記事が、すごく気に入った。
気に入っただけでなく、
満足感とやりきった感が
私の中でいっぱいに広がった。

しかも、他の喋りたいこと、主張したいことが
どんどん出てくる。

結局、続けようと思っていた
聖書のことばをテーマにする記事は、
自然消滅してしまった。

このクリスマスの時期。
振り返ると、ちょっと寂しい。

神であるイエス・キリストが
人として馬小屋に生まれ(←クリスマス)
人としての生涯を送り、
私の罪のために十字架にかかって死なれた。
その後、よみがえられた。

これを信じ、
イエス・キリストを
自分の救い主として受け入れた者が、
クリスチャンであり、永遠のいのちをもつ。

これを「信じる」「信じない」には、妥協がない。
この「信じる決断」には、曖昧さがない。

この妥協、曖昧さのなさが、
日本(人?)に
あまり好かれない部分なのではないか、
と、私は思っている。

だからこそ、私は、
「よく分からない、
けど興味がないわけではない人達に」
分かりやすく親しみやすい言葉で、
私の言葉で、伝えようと思って、
記事を書いていたのだ。

それが、自然消滅している。
振り返ると、ちょっと寂しい。

だからといって、
また書き始めるかどうかは、分からない。

実は、けっこう難しかった。

それに、書きたい気持ち自体、
その時その時で移り変わっていくものだ。

ただ、最近は
そういう記事を書いていたこと自体を
忘れていたので、
自分で自分にしっかり問いかけたい。


最後に。
当たり前のことだが、どんなことであれ、
「信じる」「信じない」「決断」
は、個人個人の領域だ。

誰も侵害することのない、
誰も侵害できない、
あなたの領域である。

あなたは、
何を信じて、生きていきますか。
何を決断して、生きていきますか。

ガマ 「ボクは…」

ガマちゃんや。
今日は、オチいらないねん。

f:id:takasemariko:20151224012921p:plain