社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

男に向けた教訓映画「パーフェクト ストーム」 ケチと頑固はダメだって。


まりこです。

● 前置き

設備をケチると、命に関わることがあるよね。
頑固過ぎても、命に関わることがあるよね。

「パーフェクト ストーム」が、そう言ってる。
洋画パニック、と
レンタルのケースに書いてあるけど、

これはきっと(男に向けた)教訓の映画。

少しネタバレしますよ。
これから観る人(いるのか)は、読むなー。

教訓その1

必要な設備をケチるなよ。
場合によっては命に関わるぞ。
防災設備に限らないよ。

男達は、明らかに無茶な帰路についちゃう。

男は強くてかくあるべし、の精神がそうさせた、
とも言えるんだろうけど。

やっぱり無茶の大きい動機は
「製氷の機械が壊れてる。
早く帰らないと魚が腐る。
売れない。稼げない。困る」
だと思う。
そりゃ分かる。無茶するわ。

そして、そもそもの原因。
製氷の機械がなぜ壊れたかというと。
船主の男が、整備する金をケチったから、
だよね。
(と映画で言ってるから、そういうことにする)

結局、ケチったせいで無茶をして、
命に関わる事態になったんです。

教訓その2

頑固過ぎるの、危険だぞ。
場合によっては命に関わるぞ。

ヨットのおじさんが。
オレはずっとこうやってきた、
オレは見ないでやってきた、
このままでいいんだ、
オレの船だ。
て言い続けるんですね。
人の言うこと、聞かない。

で、結局、
「オレの船」は「このまま」じゃ
ダメだったんですよね。

安全を確保したかったら、人の言うこと聞け、
てこと?
もっともこれは、状況や相手によりますよね。

この映画では。
頑固過ぎたら危険になっちゃったし
身近な人も危険になっちゃったし
関わった人も危険になっちゃった。
てことです。

ガマ 「夫ちゃんも男。どう思う?」

うんうん。
オジサンへの教訓映画だろ。

自分は男ではないかのように。
軽やかに賛同しておりました。