社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

「言いたいこと」って「聞いてくれる人」がいてこそ存在できる。それがブログ!

まりこです。
「言いたいこと」って
「聞いてくれる人」がいてこそ存在できるもの。
それがブログ!なんだよね。


昨日の記事を書いて、ちょっとすっきり。 
まりこ視点で書いたからだ。


最近ずっと「ガマちゃん視点」で書いてた。
ガマちゃんのほうが、
「理想的であろうとする自分」が前面に出てくる。
いつでもどんなときも
前向きな気持ちを失わない自分。


…いや、それだけじゃないな。
私は子供時代、よく「学級委員」を
やっていたのだが、そんなイメージだ。
「いい子」とでも言うのか。


もちろん、ガマちゃん視点だって私の本音だ。
本音だし、自分を励ましているという面もある。


でも昨日は、まりこ視点で書いたらすっきり。
てことは。
時々は、もっともっとドバッと吐き出したい。
ていうことなんだと思う。


普段の現実の世界では、
言いたいことをドバッと吐き出すのって
なかなかできないんじゃないか。


本当に言いたいことほど、
言えずに飲み込んでしまう。
飲み込まざるを得なかったりするでしょ。
違う?


何でもかんでも言いたいことを
ダダ漏れにしたいよ、すればいいんだよ、
と思うわけではない。
言い方や時や場合を考えることは必要だ。


でも考えた結果、やっぱり言えない。
ての、現実社会で多いじゃないのか。
違う?


だからこそ、ブログが必要だったのだ。
言いたいことをドバッと吐き出す。
本音を真正面から言うブログ。
ガマちゃん視点とまりこの視点。
私は、ブログに、本当に助けられている。


そしてどんどん気づいてくるのだ。
読んでくれる人の存在だ。
「言いたいこと」は
「聞いてくれる人」がいてこそ存在できるのだ。


だから、連日考えてるんだ。
どうやって書いたら、伝わるだろう。
何かを、感じてもらえるだろう。
聞いてもらえるだろう。
本音をドバッと(笑)


ガマ 「いつも、聞いてくれて、ありガマ~」


まりこ「ありガマ~」