社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

目的について隠したくない。相手にも隠されたくない。

 

f:id:takasemariko:20150727225322j:plain

          ~夏はこれから。ボクもこれから~

 

まりこです。こんにちはー。
6月に行った「かさこ塾」で、教わった。

 

(1)ブログは、一番言いたいことを、先に書く。
(2)前置きは、カット。

 

賛成だ。
ブログに限らず、仕事関係の話し合いも、(1)(2)が好きだ。
前置きは短めだとありがたい。みんなそうなのかな。

 

以前、ある人と会ったときのこと。
その人の話は、ひたすら長かった。
仕事の話だと思っていた私は、それが「本題」だと思って聞いていた。

 

長い長い「本題」が終わり、じゃあ「結論」は何なのかなー?と思ったら。
その人は、「今から本題に入る」と言った。

 

え?
今までのは、「前置き」だったんですか?

 

びっくりした。
が、私がその人に会うまでに、複数の間に立った人がいた。

失礼があってはいけないと思った。
前置き以上に長い長い「本当の本題」を、必死に集中して聞いた。

 

話自体は、とても興味深かった。
しかし、仕事の話だと思っていた私の認識とは、微妙にずれていた。
あらかじめ、話の内容を知っていたら、私は来なかったかもなー、とも思った。

 

間に立った人達は、ちゃんと私に伝えてくれていなかったのだ。
話の内容。
その人が、人と会う目的。

 

なんだか、とても残念だった。
その人本人も、間に立った人達も、おそらく意図的に「人と会う目的」を隠していた。
目的を明らかにすると、人が会ってくれないかもしれないからだ。

 

しかし結局、会ってしまえば、目的は明らかになる。
それって結果的に、印象が悪くなるのでは?
特に私のように「長い前置き疲れ」してしまった人には。


話自体は興味深いものだった。

ためになる話も、たくさん含まれていた。

だから尚更、やり方が残念な気がした。

 

私は、「目的」について隠したくない。

相手にも、隠されたくない。

 

人と出会うたびに、自分の柱みたいなものが、より明らかになっていく。

 

ガマ 「ねーねー。最近、ボクの出番が減ってる気がするんです。その目的は? なんか、ハシラとやらに関係するの?」

 

まりこ「えーー」

 

 

6月に行った、かさこ塾。

人との出会い、自分との出会いが待ってます。

kasakoblog.exblog.jp