社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

持つべきは、良き助言をくれるトモと、ブログ書きのガマ

f:id:takasemariko:20150702001231j:plain

   ~春はあけぼの、ボクはガマ~

 

ガマ 「…7月1日、あけぼのというお店の、もなかをもらいました。ボクは、おいしくいただきました。今度は、フルーツいっぱいのゼリーが欲しいです。ゼリーのプールで、つるんつるんって転がって遊びたいです。

秋になったら、えーと、秋の味覚といえば、えー」

 

まりこ「ガマちゃん! 何やってんの?!」

 

ガマ 「ガマ日記」

 

まりこ「ここ、ワタシのブログですけどー?」

 

ガマ 「だって、まりこさんが間に合わないから。ボク、書いてあげます」

 

まりこ「そりゃどうも。ご親切に…」

 

 

先日、友人から、このブログについて、

「これこれこういう記事があったらいいなと思う。なぜなら、云々(理由)」

と言われた。

 

後日、記事にした。

希望の全ては盛り込めなかったが、私なりに考え、書いた。

 

takasemariko.hatenablog.com

 

 私なら、誰かのブログを見て、「こうすればいいのに」と思ったとしても、言わない可能性が高い。

「見てるよー。いいねー」で済ませてしまうかもしれない。

 

ブログに限らずその他のことでも、私自身に実害がなければ、黙っていることを選ぶ可能性が高い。

 

私は、現実社会の人間関係では、摩擦が起きる要因をなるべく避けたい人間なんだ。

黙っているか、相手が望んでいるであろう返答をしてあげて、それで済ませちゃったほうが、簡単だ。

特に、「なんだかこの人、めんどくさいな」と思う相手には。

 

私は、人には、そうしてる。

実害がなければ。

 

 

なのに私は、友人がしてくれたみたいに、「ためになる助言」をしてもらうと、もうワンワン鳴いて抱きついてもいいくらいに嬉しいんだ。

実際抱きつきはしない。

 

 

ガマ 「じゃあ、ボクから助言しますけどぉ~。毎日更新ブログ、リズム、崩れてますよぉぉ~」

 

まりこ「ズゥーーン(沈) やっぱさぁ、ワタシが間に合わないときは、ガマちゃん、書くかね…」

 

 

持つべきは、良き助言をくれるトモと、ブログ書きのガマでした。

やっぱり。