社会保険労務士&カウンセラー 高瀬真理子(ガマちゃん)のいろいろ書いてるブログです

連絡先 : mariko@gamachan.com 高瀬真理子とガマちゃん 仕事・活動 → ガマの勉強会・ガマコン(カウンセリングをベースにしたコンサルティング) ・社会保険労務士。 ガマトーーク! がまがま東京デート。 1969年生まれ。東京都在住。2人と1匹暮らし(夫婦とリクガメ)プロテスタントのクリスチャン。教会でピアノとギター弾いてます♪

カエル対談「もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら?」

f:id:takasemariko:20150601232354j:plain

        ~招かれたら、行くぜ~

 

カエル「この本の面白さを、3行以内で述べよ。採点する」


まりこ「なんであんた、そんな偉そうなん」


カエル「ここの実権はボクが握った。だから」


まりこ「…あ、そう。いいけど。この本はね、英国王室にお茶会に招かれた時のために、用意したのよ。どうだ参ったか!」


カエル「招かれるわけ、ないじゃん」


まりこ「ふん。ほんとは、見てるだけで楽しそうだったから」


カエル「で、楽しかったの?」


まりこ「うん。楽しかった。雰囲気が、楽しい」


カエル「なんだよ雰囲気って」


まりこ「なんかねー、ワタシ流に表現すると、、、こんな感じ」

 

 

小学生だった頃、台所の本棚にある料理本やマナー本を持ち出し、
部屋の隅っこで1人読んで満足する。


時代が時代なので、写真の印刷技術も今ひとつで、
写っているお菓子の色もくすんでいるけど、眺めているだけで何かドキドキする。


「キレイなものが見たい気持ち」と、もう1つ。


「オトナへの階段を上っているような」今思えば、それは知識欲。

 

 

まりこ「そーいう雰囲気なんだよねー」


カエル「本をこっそり持ち出してオトナへの階段て、なんかやらしーなぁ」


まりこ「何言ってんだカエル。じゃあカエル、クイズだよ。
焼き菓子のスコーンに塗るのは、ジャムが先でしょうか? クリームが先でしょうか?」


カエル「スコーンと分かりませーん」


まりこ「宿題ねっ」

 


「もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら?」
藤枝理子  清流出版